ホーム > 学科のご案内 > 美容師科について

美容師科について

美を探究し続けてきた3人が集結し、
日本の美容業界へ新たな才能を送り出す

伝説の美容師と言われる故アーデン豊子・山中が
原宿に美容学校を設立したのは1953年。 その歴史を受け継ぎ、
新たに「たかの友梨美容専門学校」が誕生!
日本を代表する美容家 たかの友梨。
そしてトップスタイリスト 野沢道生。
美容界3人のリーダーによる伝統と革新の総合的なカリキュラムがここに完成しました。

理事長 たかの友梨

美とエステの進化を担う先駆者

理事長 たかの友梨
たかの友梨ビューティクリニック代表

日本にエステティックを浸透させ、世界各地の技術を融合させた数々のエステを開発。
美容家として、エステ業界を代表する存在。

日本女性の髪を変えた美容の伝導師

アーデン豊子・山中
アーデン山中美容院、アーデン山中
ビューティーアカデミー創立者

“洋髪”というスタイルをスタンダードにした伝説の美容師。当時、流行の最先端であった美容室のオーナー。

アーデン豊子・山中
野沢 道生

流行を創り出す美のカリスマ

野沢 道生
Noz GROUP CEO

サロンワーク、TV、CM、雑誌、講習など幅広く活躍するヘアメイクデザイナー。「似合わせの達人」として タレントからの信頼も厚い。

「たかの友梨美容専門学校」には
新たな才能を育て、未来のトップスタイリストへ導く
先進のプログラムがあります。

  • 心 外見だけでなく心にも美と癒しを与えるスタイリストに
  • 技術 基本の技術をしっかり身につけ、進化と創造のチカラに
  • 極 感性を磨き、表現し、流行を生み出すトップデザイナーに

日本の美容をリードしてきた、2人の志がひとつに

エステティックとヘアデザイン、それぞれの技術者の想いから誕生

進化する美容技術のパイオニア たかの友梨

エステティシャンとして活躍する前は理容師となり、その後ビューティアドバイザーをしていたたかの友梨。パリにてエステティックが流行しているということを知り、1972年、24歳のときに単身で渡仏。現地で学んだエステティックに感銘を受け、以降、世界各地にある先端のエステティックを日本に紹介しています。たかの友梨自身も技術者であることから、後進の教育にも力を注ぎ、またエステティックの地位確立にも精力的に取り組んでいます。

美容の歴史を切り拓いた先駆者 アーデン豊子・山中

アメリカで美容技術を習得し、帰国後の1935年、銀座の数寄屋橋ビル(現ソニービル)に「アーデン山中美容院」をオープン。輸入パーマ機を日本に初めて導入し、“洋髪”という新しいスタイルを提案する最先端サロンとなりました。欧米の大使館夫人などのセレブから女流作家まで、時代を代表する有名人が数多く来店。来日したヘレンケラーやチャップリンの整髪も担当しました。1953年、「アーデン山中ビューティーアカデミー」を設立し、技術は今も引き継がれています。

“美と癒し”のメソッドを、次の世代へ

1978年
たかの友梨ビューティクリニック1号店を新大久保に開設。
あわせて日本総合エステティック学院を開設

1986年
学校名を「たかの友梨エステティックアカデミー」と改称

2004年
日本エステティック協会、
日本エステティック業協会(AEA)の認定校として発足

色褪せない技術・伝統を、次の世代へ

1935年
銀座五丁目の数寄屋橋ビルにアーデン山中美容院を開店

1952年
日比谷に美容院二号店をオープン

1953年
アーデン山中ビューティーアカデミー開設

1964年 アーデン山中ビューティーアカデミーを原宿に移転

2013年 ふたつのノウハウがひとつになった「たかの友梨美容専門学校」が開校

たかの友梨 インタビュー

総合的な美容学校設立は私の夢でした。

たかの友梨

16歳で理容師修業の世界へ。それが美容家としての私の原点です。その後は、理容師としてキャリアを積みながら美容師の資格も取得しました。だからこそ、美と癒しのスキルを幅広く身につけた本物の技術者を育てたい、エステティシャンも美容師も育成する総合的な美容学校を設立したい…それが私の夢だったのです。

24歳で本場のエステを学びに単身でフランスへ

ひどいニキビに悩まされていた頃、フランスのエステに関する記事を目にして1972年に単身で渡仏。パリの老舗サロンとエステスクールで「美しさの技術と科学」について、寝る間も惜しんで徹底的に学びました。日本ではまだエステティックという言葉も認知されていなかった時代でした。1978年に、私はエステサロン1号店をオープン。ほぼ同時にエステティシャン養成学校を開設しました。個人名をお店の名前にしたのは「自分の名前にかけて責任を持ってお客様をケアし続ける」という想いからです。もちろんプロをめざす生徒たちの指導にも同じ想いで向かいました。

技術の伝承こそ私たちの使命

40年近い年月の間に、私の元から14,000人以上の技術者が巣立っていきました。その一人ひとりの活躍が現在のエステ業界を支えているのだと思っています。私たちは“美の職人”。磨き抜かれた技術は手から手へ伝承されていくべきものです。そして次世代がさらに進化させていくもの。その想いを同じくする各界のスペシャリストたちが特別講師として集まりました。たかの友梨美容専門学校は、生徒たちの夢であり、そして日本の美容界を導いてきた私たちの夢でもあるのです。

/ PROFILE

たかの友梨ビューティクリニック代表一般社団法人エステティックセラピスト協会会長日本肥満学会会員 / 児童養護施設「鐘の鳴る丘 少年の家」等を運営する社会福祉法人「鐘の鳴る丘 愛誠会」後援会長 / ミス・ユニバース審査員 / IPSN栄誉賞受賞 / フジテレビ系列「ビューティー・コロシアム」などのメディアに美容家として多数出演中

[著書]『運が悪くってよかった!』IN通信社、
『大成功できる人の小さな心づかい』きこ書房、
『アーユルヴェーダ美人道』情報センター出版局ほか多数

野沢 道生 インタビュー